読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOLDENMILK

私が趣味で集めている生活用品と仕事道具について書いています。ほかの趣味はStund up paddle, 30days yoga,30days squat, Drawingなど。

the honey lady

ポール・オースター「闇の中の男」

最近読んだ一冊。 物語の中で眠れぬ老いた男が物語を語りはじめ、ちょっとした話がいつの間にか 背筋がぞっとするような物語になっている「闇の中の男」。 村上春樹「ねじまき鳥クロニクル」のように、様々な話の 連続で、ぐっと練られた物語を味わうことが…

思春期にしか描けない、清家雪子 「孤陋」で震える

その時しか書けないものを読むと震える。 清家さんの短編、「孤陋」がまじめな時間2に収録されている。 発表時の名前は銀峰瑞穂。満場一致で四季賞を取っていた。 ドライな賢さの暴力 女学生ながら頭の回転が速く、哲学を持ち、やや冷たい視線で世の中を眺め…

【スキャン・譲る・ライトニングライト】本を死蔵させない為に断捨離したい3つのコト

自慢では無いが本を読むのが遅い。 そんな私でも、課題図書や読みたい本がある時に文庫本で週2冊のスピードで読む為に工夫したことがある。 スキャンして空き時間で読む 友人に譲ってスペースを空ける 【ライトニングライト】「ここだ!」と脳に稲妻が走った…

「物欲なき時代」メモ

365日のシンプルライフの「もう欲しいモノは別にないような気がする」という言葉を出だしに、物欲なき時代の消費の気分についてをアーカイブ。 思い出した媒体 スペクテイターのホールアースカタログっぽさもあり。 ホールアースカタログ→ヒッピーカルチャー…

「トランクひとつのモノで暮らす」を、少しずつ、味わって読んでいます

昨日届いた、トランクひとつのモノで暮らす、を読んでいます。 エリサさんが身軽に、願いを叶えやすく生きていくための こだわりを紹介する本でありながら、エリサさんの人としての「層」を 垣間見るようで、お祖父様の「揃える」話、お祖母様の「たとう紙に…

ケルトを巡る旅|本

「ケルトを巡る旅」を読みました。 その中に出てくる、「ドルイド」という自然崇拝を目的の柱とする人々について、今の日本のミニマリズムに似ているな、と思ったのでメモしておきます。 p.108 私がさらにドルイドについて、「それは宗教なのですか?」と尋…

選択日記|本

※追記3… 2016.09.24 お礼の方法についての選択 所属の選択 出品作品の選択 旅行先の選択 A◯ 企画 家族 所属の選択 展示場所 A◯ ビデオで作品を作るのをやめる A 弁当を作る A 高円寺でパフォーマンスをする A◯ 資金運用についての選択 A◯ 2日に1度塩風呂 A …

ちいさいおうち

バージニア・リー・バートン「ちいさいおうち」 今も手元にあります。 サステナビリティやミニマリストに興味がある人は、絵本「ちいさいおうち」を読んでみてほしい。 静かな「いなか」にできた、小さくて綺麗で丈夫な「おうち」が、じっとすわって、 周囲…

老人と海

先日寄付した本の中の一冊。 老人と海 大学2年くらいの新潮文庫ばかり買っていた時期に入手しました。 中盤の、誰にも見られていないのにずっとプライド高く闘い続けている ところはぐっときました。ちょっと読みながら疲れるんですが。 人は、誰にもみられ…

パッチワーク|本

パッチワーク 嶽本野ばら 高校生のころに「ミシン」という作品で好きになりましあた。嶽本野ばらちゃんの作品、ほとんど読みました。 私はかれの作品の、ギャグめいたところも好きですが、登場人物の矜持の切実なところが特に好きです。みんな人間味にあふれ…

マネジメント エッセンシャル版|本

父がいらないといったので昔もらったものです。 良書ですのでお譲りしました。