読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOLDENMILK

私が趣味で集めている生活用品と仕事道具について書いています。ほかの趣味はStund up paddle, 30days yoga,30days squat, Drawingなど。

いい人、いい子でありたい自分を認めてあげようと思う

inspiration

f:id:goldenmilk:20151214222659j:plain

siawasenico.hatenablog.com

 

こちらの記事を読んでふと自分ごとのように考えました。

 

(ちなみに、この漫画がなんとなく思い起こされました。

わるい子|COMPLEX POOL  )

 

 

いい子、でいたい。友達がいてほしいから

 

小学校でなんとなく成績などがつき始めた頃に「褒められる」ことが気持ちわるい時がありました。

作文で褒められると、この人たちはいい物語を読んだことがないのか?と思い、

絵で褒められると、コンテキストわかってるのか?と思い、

まわりにいる人だいたいバカに見えました。

 

けれど、まわりがバカだと思って散々偉そうに威張り散らしてると、

今度は友達がいなくなってしまうので、いい子というか、

まわりのことを想いやりたいなと思ったんですね。

 

でも、最初は友達欲しくて持ち始めた「優しいふるまい」が、「褒められるのも悪くない」、という気持ちを帯び始め、最後には気持ちが逆転圧勝して、「褒められるためにやっている」、というふうになった時に、もう元に戻れない段階に来てたんですね。

 

いい子でいたい。他者に認められたいから

まじめなのは損だし、いい子なのは他人に媚を売るためなのかもしれないですけど、

結局は自分を自分として自分の納得がいく振る舞いがしたい、という欲望なんですね。

 

他者に認められ、居場所がほしいという気持ちと、他者に認められる自分を自分の手で作りたいという欲望。

自意識といいますけど、他者を過剰に意識しすぎている状態ですね。

これの何がまずいかって、他者はコントロールできないので、努力がのれんに腕押しなんです。

 

いい子でいたい。という欲望に気づく

他者はコントロールできないので、もう少し自分に引き寄せたほうがいいかなと思ったんですね。

駆け引きは人を魅力的にさせるかもしれないけど、駆け引きだけに依存してたら、

やっぱりぼーっとした顔になっちゃうと思うんです。

だから、「いい子でいたい。」という欲望に目を背けずに肯定していかないといけないな〜〜〜と思ったんです。

「自分なんかいい子でいたいだけのやつ」なんだけど、でも「一生懸命やりたがってる」し、肩の力ぬいて頑張るかと思い直せたんですね。

 

 

いい子でいたい。というのは色気

「他者に認められるいい子でいたい、という汚い欲望を持っている自分」はイケてるじゃないですか。そういう、他者に媚をうる部分を認めれば、それは色気です。

 

欲望を認めてあげれば、無理にそこに向かって倒れ続けなくてもよくて、自分は自分で責任を持てるようになっていくのかな、と思います。

 

欲望むき出しのgood girlって、実は全然いい子じゃないけど、結構自由だと思うんですよね。